RayoNAGOYAオフィシャルサイト

RayoNAGOYA『SDGsに対する取り組みと目標』について

【RayoNAGOYAの『SDGs』に対する取り組み】

①健全なスポーツ環境を提供し、すべての子どもたちに平等で公平な環境を提供。クラブに所属していない方にも、運動する機会を提供していく。

ひとりでもグループでも参加OK!『Paulele CUP(パウレレカップ)』開催!!

サッカーしたい子大集合!!!ひとりでも参加できる大会『Paulele CUP(パウレレカップ)』開催!!

PauleleCUP開催報告(SDGs×未来サッカークラブ/JFAグラスルーツ宣言)

【フォトギャラリー】卓球しました!!

【クラブ目標】
無料で参加できるプログラム 2025年度12回開催
PauleleCUP開催年2回 2025年(土)3回開催

ひとり親家庭の支援スタート

【クラブ目標】
「ひとり親支援制度」2025年在籍の15%

②女性選手や女性指導者を積極的に採用し、「JFAなでしこひろば」などの女性が多く活躍できる場を提供していく。

【大注目:女性のみ】JFAなでしこひろば in RayoNAGOYA参加者募集中

【クラブ目標】
クラブ内の女性在籍 2025年度20%
JFAなでしこひろば 2025年度開催12回、参加者200名

③『サッカーをしないキャンプ』の実施。『過剰に食材は用意しない』『割りばしや紙皿等の使用はしない』『こまめに水を止めながら調理や洗い物をする』など、決して便利ではない環境の中、自然から多くのものを学んでいる。
また、プロギングもチームの活動に取り入れ、子どもたちだけでなく保護者の方やその友人など、多くの方を巻き込んだ環境保全に取り組んでいく。

春季野外キャンプの報告

夏季野外キャンプ報告

【クラブ目標】
キャンプ開催2回40名(2021年度)→開催年4回100名(2025年)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

日本サッカー協会認定グラスルーツ推進賛同パートナー