RayoNAGOYAオフィシャルサイト

『バルシューレ教室』2月開催決定のお知らせ。

RayoNAGOYA では「バルシューレ教室」を開催することが決まりました!

「バルシューレ」とは

初めて耳にする方が多いのではないでしょうか。
そんな バルシューレとは何か?
簡単に言うと・・・

ドイツで生まれた子どものためのボール運動(あそび)教室です。

ドイツ語のスペルは「Ballschule」。英語に直してみるとBall schoolとなり、(子どものための)ボール運動教室を指しています。

昨今、子どもの体力低下が問題とされるようになり、体力の低下は同時に動き方の能力低下も意味しています。
そのため、小さいころからの体づくりが重要だと考えます。

「バルシューレ」の、4つの重要な理念

  1. 多様な運動やゲームを経験し、汎用的な能力を身につけること
  2. 子どもの発達に適したプログラムを提供すること
  3. 楽しいと感じる学習機会を提供すること
  4. 修正指示の全く(又はほとんど)ない指導をすること

例えば…

  • 幼児
    大小さまざまな柔らかいボールを使用して、手を使い・足を使い・道具も使いながら歩く・走る・振る・支えるなどの要素を入れることで基本的な動きを身につけ、できたことの達成感を味わい自信に繋げていきます。
    ①ボール投げ遊び
    目標物のリングめがけてボールを投げて、上手に入れば点数をとれるようにします。投げ方を教えるよりも、もうちょっとで入りそう!という気持ちが大事!?
  • 小学生
    多様な種類のボールを投げたり・捕ったり・弾ませたり・打ったりするような基本スキルを組み込み、ゲーム状況に応じて動く動作を身につけます。
    ①ボール運びリレー
    ボールを持って走り、次の友だちに渡すというリレーをベースに、ボールを蹴って走る、ディフェンダーを避けながら走るなど変化をつけます。正しいタイミングで最適な位置取りをして、協働的なボールの確保ができるようになります。また、パスやシュートなど突破のチャンスになるような隙を認識する能力が高まります。

「バルシューレ」の特徴は

バルシューレでは、ゲーム中に子どもたちには指導的介入を全く(もしくはほとんど)しません。子どもたちが「学習している」意識を持つことなくゲームに付随する知識やスキルを身につけることを目標としています。これは潜在的学習と呼ばれるもので、ボールゲームを始めた子どもにとって、この無意識的に学ぶスタイル(自由なプレー)がボールゲームの能力開発に役立ちます.

開催要項

日程:令和5年2月13日(月)

会場:名古屋市立富田中学校

対象:小学1年生~小学6年生

時間:18:50~20:00※学校への入場は18:30以降

参加費:1,000円※保護者の方は無料でご参加いただけます

持ち物:飲み物・室内履き

その他:運動のしやすい服装でご参加ください

申し込み

    Share / Subscribe
    Facebook Likes
    Tweets
    Hatena Bookmarks
    Pinterest
    Pocket
    Evernote
    Feedly
    Send to LINE

    日本サッカー協会認定グラスルーツ推進賛同パートナー