RayoNAGOYAオフィシャルサイト

コーチの想うこと

今日のトレーニングは良かったな。今日のトレーニングは集中力がなかったな、オフ明けだからかな?友達とケンカでもしたかな?

今週の試合勝てるかな?負けたくないな。勝ってみんなと笑いたいな。

今日教えすぎたかな?頭爆発してないかな?

今日もサッカー楽しかったかな?

コーチはこんなことばかり考えます。コーチの根底にはサッカーを大好きなままでユース年代に送り出したい。その思いが一番強い。

例えいまナンバーワンじゃなくても『好きこそものの上手なれ』、いつか特別な存在になれる日が来ると思う。

選手には教わる能力にもちろん違いがある。認知経路が違うからしょうがない。

ただ仲間がいつも助けてくれる。教えてくれる。

それがRayoのいいところ。

 

いつどんなところでどんな相手と試合をしても、これだけは絶対に負けない『Rayoはどこよりも仲がいい』『Rayoは子どもらしくて元気』

試合中、子供らしくキツく仲間に言ってしまう子もいる。でも大丈夫『いまはまだ仲間を思いやる言葉を勉強していなかっただけ』。選手の根底には仲間を誰よりも大切にする気持ちがあるから試合が終われば笑って帰る。どこよりも元気に笑って帰る。

けどほら見てごらん、仲間をいつも通り認めてあげたら元気にプレーするよ。チームが躍動するよ。そんな中で積み重ねた勝ち点。最初はまだまだ若かった。プレーは最高だったけどサッカーが君たちを子どもにしただけ。君たちの未来はほんとに明るい。

コーチが現役のときにこんなチームあったらいいなとよく思う。ほんとにうらやましい。

コーチがサッカーを大好きで、自分を育ててくれたサッカーに恩返しをしたくて作ったチーム。ほんとにいい子どもたちが集まった。

けどまだまだコーチも夢の途中。サッカーで数えきれないくらいの笑顔を作りたい。子どもらしく輝いた笑顔をたくさん作っていきたい。サッカーには想像もできないくらいの魅力がある。

コーチはみんなを誇りに思う。みんなの明るい未来を信じてる。コーチはいつだってみんなを尊敬してる。

これからも一緒に成長していこう。

沢田

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE